コレクション

フォイエルレ コレクションは、ベルリン、クロイツベルクに2016年に開館した美術館です。日本人アーティストを含む現代美術、中国宮廷・文人家具、古代東南アジアの作品を所蔵する、美術品収集家デジレ・フォイエルレ (Désiré Feuerle) によって創設されました。

第二次世界大戦中に建設された情報通信バンカーをイギリス人建築家ジョン・ポーソン(John Pawson)が改装し、歴史的建築物を美術館に蘇らせました。この空間は古美術に対する異なる視点を提供しながら異時代・異文化間の対話を促し、共感覚を経験することを通して観る者を導き、美術作品に対する新たな視点を生み出します。

コレクションは 7 世紀から 13 世紀のクメール彫刻、 紀元前2世紀から紀元後18世紀の漢から清時代に渡って制作された中国漆木・ 石製宮廷家具、漆木文人家具、現代美術を融合させて展示しています。

繊細で官能的な世界は洗練された文化と優美な作品に新たな光を当てます。

現代美術をよく知るデジレ・フォイエルレ(Désiré Feuerle )は90年代には自身のギャラリーをドイツのケルンで所有し、そこで古美術と現代美術を融合させる手法を開拓し、同様にアンティークを現代の視点から見直す試みを続けています。

コレクションへの入館は予約制となっております。ご希望の方はこのページの下にあるリンクからチケットをご購入ください。コレクションは16歳以上の方を対象としております。16歳未満の方は入館できませんのでご了承ください。

来館の予約はここをクリック

Head of Avalokiteshvara, Khmer, Bayon, 12-13th Century

‘’私は1世紀か21世紀かに関わらず、作品の中に美しさを見出す’’
–デジレ・フォイエルレ (Désiré Feuerle )

"Torus", Anish Kapoor, 2002

‘’これらすべての家具とされる一つ一つは彫刻作品である。 ’’
–デジレ・フォイエルレ (Désiré Feuerle)

Imperial Chinese Chair, Gift to the Emperor from the Court, Early Qing Dinasty, 17th Century

‘’近現代の見方をすれば、クメール彫刻は古代、さらにはアルカイックまで遡る過去との繋がりを彷彿させる現代性を簡潔化した形式にみえる。ブランクーシまたはその先への直接的繋がりを想像する者もいるだろう‘’
−アニシュ・カプアー(Anish Kapoor)

Female Divinity, Khmer, Koh Ker, 10th Century

中国皇帝たちのように香を味わう

香道は中国の文化が到達した洗練性の高さを現しています。2000年以上昔の漢時代にまで遡る中国最古の伝統の一つであるこの儀式は、最高級の香木から幽玄に立ちのぼる香りによって身体と心を落ち着かせる場でした。

この伝統は儀式のための特別な部屋が作られるようになった宋の時代に最も栄えたと言われています。

フォイエルレ コレクションの香の部屋は中国古代の洗練された儀式を世界で初めて美術館に再現し、古来の文化と形式を尊重しながらその重要性を体験するものです。

中国、台湾で香の儀式に招待されたデジレ・フォイエルレ(Désiré Feuerle)は深く感銘し、元来中国では皇帝やその側近のみ許されていた儀式を、その文化に尊敬の念を払うとともに自身のコレクションで一般体験を可能としました。

香の儀式のための机や椅子は中国古来の形式を尊重し、香木のエキスパートであるジェリー・チェン(Jerry Chen)の監修のもとジョン・ポーソン(John Pawson)によって特別に設計され、中国伝統家具の技術を受け継いだ巨匠たちによって完成されました。

*香の儀式は一般の入館には含まれておりません。儀式への参加は予約のみ受け付けております。詳細は dm@thefeuerlecollection.org まで。

参加費
– 四名様の場合:一人250ユーロ
– 三名様の場合:一人333ユーロ
– 二名様の場合:一人500ユーロ
– 一名様の場合:一人1000ユーロ
(税込)

 

香の儀式の予約はここをクリック

Photo: def-image

建築

総面積6480 m2を有する第二次世界大戦時の情報通信バンカーに広がる展示空間

既存の建築物に対して感覚を研ぎ澄ませ、手を加えることを最小限におさえたミニマルな手法で知られる建築家ジョン・ポーソン(John Pawson)が歴史的建築物を修築し美術館として蘇らせました。

記事

“The effect is one of rich historical layering, with sensitive hanging and placement decisions inviting unusual comparisons between different forms and eras. The bunker setting offers the perfect foil for the exhibits. Renovation by British architect John Pawson, known for his minimalist interventions, has cleaned up but not fundamentally altered the interior concrete walls of the bunker – artfully placed stalactites, water-stains, graffiti and holes remain. Pristine white walls have been sparingly introduced on the ground floor, with mirrored walls on the lower ground floor. The monumentality and historical markings of the space live on, but the atmosphere is changed, by the lightest of touches, from one of wartime paranoia to one of peaceful contemplation.“
– Apollo Magazine, 28 April 2016

“The chicane at the entrance that once acted as a bomb shield is now a passage leading to a unique experience. Starting from the basement, one enters the Sound Room to a background of minimalist tones and silences created by American composer John Cage. Until you enter the vast main exhibition room there is no natural light and the place is left in near darkness, forcing you to readjust all your senses to negotiate the space. Your eyes are then attracted to the ingeniously curated spotlights and centuries-old stone and wood sculptures from the Khmer Empire that seem to appear from nowhere.“
– Wallpaper Magazine, 6 May 2016

“Spaced out generously, each work sat on its own pedestal creating a feeling of totalized preciousness. Stone, bronze, and wood Khmer sculptures from the 7th to 13th centuries came to life as their carefully carved figures were amplified by the imposing shadows they cast across the bare floor. Looking up at the lights, one could make out small stalagmites dripping down — a reminder of the space’s underground location.“
– Blouin Artinfo, 20 May 2016

“Höchst unterschiedliche Kunstwelten begegnen und ergänzen sich in wunderbarer Weise: an einer Wand ein Spiegelobjekt von Anish Kapoor, dann wieder kleinformatige Fotos von Nobuyoshi Araki. Eine bizarre Skulptur von Zeng Fanzhi schafft einen Kontrast zu den strengen Khmer-Figurinen, zwei goldene Bananen von James Lee Byars wiederum führen einen harmonischen Dialog mit einem Steinbett aus dem kaiserlichen Palast.”
– Neue Zürcher Zeitung, 13 June 2016

“Invece che sui gesti grandiosi, l’accento del lavoro è caduto sulla raffinata calibratura delle soglie chiave, sulla narrazione spaziale dei percorsi di attraversamento e separazione, sulla qualità della luce e su particolari incontri sensoriali sommessamente sottolineati: nella Lake Room invasa dall’acqua e nello spazio chiuso dedicato al millenario rituale imperiale dell’incenso.”
– DOMUS, July – August 2016

“Una delle collezioni di arte asiatica più raffinate d’Europa. Che insieme ai capolavori dell’arte contemporanea (opere di Iglesias, di Fuss o Kapoor, per citarne alcuni) fa di questo edificio uno dei luoghi più originali e interessanti di Berlino.”
– L’Espresso, July 2016

“In una struttura militare della Seconda guerra mondiale, Désiré Feuerle ha collocato la sua raccolta di opere orientali, che vanno da antichi arredi cinesi a sculture Khmer, e di lavori contemporanei. Una raffinata contaminazione.“
– Arte – Antiquariato, October 2016

「福尔睿优雅感性的收藏与碉堡本身的粗犷所产生的戏剧化对比,连上千年的古董看起来都产生现代感。」
– Financial Times China, 20 May 2016

“Désiré Feuerle (…) habla de “ver y sentir” como objetivo último, y lo ha conseguido (…). La magia reside en cómo está distribuido todo esto, como se alinean en las naves cual ejército de sombras.“
– ABC Cultural, 30 April 2016

 

 

 

ご利用案内

コレクションへの入館は予約制となっております。ご希望の方はこのページの下にあるリンクからチケットをご購入ください。コレクションは16歳以上の方を対象としております。16歳未満の方は入館できませんのでご了承ください。

入館料
大人  €18
26歳以下の学生  €11

 

入館にあたってのお願い

ツアーは時刻通りに開始します。5分前には受付を済ませて下さい。待合室はありませんので15分以上早く来られた場合には入り口でお待ちいただくことになります。入館者は来客アテンダントの付き添いが必要となります。日本語でのツアーをご希望の方はご予約前にsk@thefeuerlecollection.orgまでご連絡ください。

バックパック、大きな手荷物(スーツケース・傘など)の持ち込みを禁止しています。

以下の行為はご遠慮ください。

  • 美術作品、展示ケースに触れること
  • 展示台に登ること
  • 無許可の写真、及び映像撮影
  • 携帯電話の使用 *受付でロッカーに携帯を入れることをお勧めしています
  • 飲食、喫煙
  • ペットを連れての入館

ご理解とご協力ありがとうございます。

フォイエルレ コレクション The Feuerle Collection

Hallesches Ufer 70

10963 ベルリン

info@thefeuerlecollection.org

来館の予約はここをクリック

館長

ダニエレ マルカ (Daniele Maruca)

 

 

 

 

インターナショナル アンバサダー

フォイエルレ コレクション アンバサダー:

Paloma Botín O’Shea
Jerry Jen-I Chen
Zeng Fanzhi
Carolina Herrera
Cristina Iglesias
Anish Kapoor
Ömer M. Koç
Alicia Koplowitz
Philippe de Montebello
Arend und Brigitte Oetker
John Pawson
Piergiorgio Pelassa
Patricia Phelps de Cisneros
Marc Puig
Joan Punyet Miró
Robert Rademacher
Peter Raue
Miquel Roca Junyent
Sevil Sabanci

 

特別協賛
Jim Thompson
Erco
Museumstechnik Berlin
P&T – Paper & Tea

お問い合わせ

Impressum Oso Investments SL

Angaben gemäß § 5 TMG

 

Oso Investments SL

Hallesches Ufer 70

10963 Berlin

Telefon: +49 30 25792320

Email: dm@thefeuerlecollection.org

 

Die Oso Investments SL (Sociedad Limitada) ist eine spanische Gesellschaft mit beschränkter Haftung. Eingetragener Firmensitz der Gesellschaft ist: Entenza 325, E 08029 Barcelona, Spanien.

Geschäftsführerin: Sara Puig

 

Registereintrag:

Eintragung im Handelsregister Registergericht: Barcelona Registernummer: B-399727 457604

Umsatzsteuernummer gemäß §27 a Umsatzsteuergesetz:

Ust-Id: DE277178879

 

Verantwortlich für den Inhalt nach § 55 Abs. 2 RStV

Daniele Maruca

Hallesches Ufer 70

10963 Berlin

Online-Streitbeilegung und Verbraucherschlichtungsstelle

Die Europäische Kommission bietet eine Plattform zur Online-Streitbeilegung an, die hier zu finden ist. Die Oso Investments SL ist weder bereit noch verpflichtet, an Streitbeilegungsverfahren vor Verbraucherschlichtungsstellen teilzunehmen.